書道と習字を【ショドテビキ】
紙

書道用の紙には大きく分けると中国産の唐紙と日本産の和紙があります。原料、産地の違いによりそれぞれ特徴がありますので目的に合った書道用紙を選びましょう。

唐紙と和紙の違いとは

紙の分類の方法として、日本の和紙と中国の唐紙とに分ける方法があります。それぞれに特長がありますので、用途にあわせて選びましょう。

和紙

和紙は日本産の紙で原料は三椏(みつまた)、楮(こうぞ)、麻などで中国産にはない天然の雁皮を使用しています。唐紙と比べると原料の繊維が長く丈夫でしっかりした紙です。和紙は原料により麻紙、雁皮紙、穀紙などがあります。

麻紙は日本で最初につくられた紙といわれ、原料はアサやカラムシで繊維が長くしなやかで丈夫で光沢があります。雁皮紙(がんぴし)の原料は雁皮で繊維が細く短く艶、光沢のある薄い紙です。穀紙(こくし)の原料は楮とよばれるクワ科の植物で繊維が太く長くしっかりして丈夫な紙です。岐阜県の美濃和紙、土佐和紙、福井県の越前和紙などが有名です。

唐紙

唐紙は中国から輸入した紙で画仙紙や竹紙などがあります。唐紙はおもに竹、藁、桑などの繊維を使用したものが多く繊維が短いため破れやすく和紙と比べると弱い紙ですが、書を書くためにつくられた紙ですので墨が浸透しやすく滲みやかすれがきれいに出ます。

書画用の大きな紙を一般的に画仙紙と呼びますが中国産の画仙紙は本画仙と呼ばれています。中国の昔の地名が宣城という地域で生産されたため仙紙、画仙紙と呼ばれました。原料はおもに楮で滲みにくい紙です。

竹の繊維が原料のものは竹紙と呼ばれ福建省の竹を使用したものは一番唐紙、二番唐紙と呼ばれます。一番唐紙は繊維が粗く滲みやかすれがでにくく発墨がよい黄色味がかった紙。2番唐紙は繊維が細かくなめらかで滲みやかすれがでやすい茶色みがかった紙です。

紙の選び方

紙には手漉きと機械抄きがあり、機械抄きは手漉きに比べると安価でにじみやかすれが出にくいので練習用の紙として適しています。手漉きは高価な紙ですが発墨がよく滲みやかすれなど表情豊かに描くことが出来るという特徴があり、練習には機械抄きの紙を使用し作品を書く時には手漉きの紙を使用すると良いでしょう。また漢字には滲みやすい紙を、仮名には滲みにくい紙を選ぶと良いという点もあります。

書道用紙のサイズ

習字でよく使われる紙に「半紙(はんし)」と呼ばれるものがありますが、この言葉も和紙のサイズを表したものです。縦横で約25僂ける35cmに紙を整形したものを半紙と読んでいます。名前の由来は、12世紀ごろの京都で多く使われていた杉原紙(すぎはらがみ)と言う紙を半分に切ったものだったからです。

画仙紙

画仙紙は漢字用の用紙で大画仙、中画仙、小画仙と様々なサイズがあります。小画仙のサイズが全紙と呼ばれ書道用画仙紙の基準サイズとなっています。全紙(70×136.3cm)を基準として全紙の縦半分切りは半切、半切のさらに縦半分切りは聯(れん)全紙から聯を切り取ったサイズは聯落(れんおち)と呼ばれます。

料紙

料紙は仮名用の用紙で画仙紙とサイズが異なります。懐紙(約48×36cm)を基準とし、懐紙から短冊(約6×36cm)を切り取りさらに縦半分に切ったサイズが半懐紙、半懐紙の横半分切りは色紙、色紙の1/4サイズが豆色紙、短冊の1/4サイズがカルタと呼ばれます。

手入れと保存方法

紙は湿気を嫌います。日焼けを防ぐためケースに入れ直射日光を避け風通しの良い場所に保管しましょう。紙は数年ねかせると墨の発色がよくなり書きやすい良質の紙になります。長期間保存する場合は防虫剤を入れ大切に保管しましょう。

  • <書道について>歴史・書き方・書体など
  • <書道セット〜書道に必要な道具>筆・墨・紙・硯など
  • <キレイな字を書く為に!>書道教室・通信講座・資格や検定・ペン字など