書道と習字を【ショドテビキ】
硯

硯(すずり)は石を研いで磨き形を整えた墨を磨りおろすための道具です。墨の質は作品の文字の表情に大きな影響を与えます。硯は文房四宝のなかで一番高価な道具で消耗品ではありませんので選ぶ時には十分吟味して良いものを選びましょう。場合によって、硯は骨董品として価値あるものもあります。

硯の種類

書道愛好家の間で硯はとても大切にされ骨董としても楽しまれています。硯の価値は作成者、石質、彫り方、形などの要素により決まり、有名な硯職人が造った硯にはとても高価なものもあります。

硯の材料は天然石、陶器、漆器などです。最初は陶器でつくられていましたが六朝時代頃から石でつくられ始めました。硯には中国産の唐硯(とうけん)と日本産の和硯(わけん)があります。

唐硯(とうけん)

中国の石でつくられた硯で和硯よりも硬く質がいいといわれています。もっとも有名なのが端溪硯(たんけいけん)です。

石質はきめ細やかで硬く産地である中国広東省の溪流を名称としています。端溪硯と並んで有名なのが粘板岩の歙州硯(産地である中国江西省は昔歙州と言われていた)です。その他にお値段が手ごろな羅紋硯(らもんけん)などがあります。

和硯(わけん)

日本の石を材料としてつくられた硯です。和硯の石には産出量が最も多い黒色硬質粘板岩の玄昌石、長崎県対馬若田産の泥板岩である若田石などがあります。玄昌石には宮城県登米町の登米玄昌石、宮城県石巻市の雄勝石、女川町の女川石などがあります。

各部の名称

硯の墨を溜める部分は海と言い、海に対して墨をする場所を丘と言います。他にも下記のような名称があります。

名称 説明 別名
海(うみ) 墨を溜める部分 墨海(ぼっかい)、墨池(ぼくち)、硯沼、硯池
丘(おか) 墨をする場所 陸、墨堂
鋒茫(ほうぽう) 丘の部分の墨を磨る凹凸の部分
縁(ふち) 硯を囲んでいる部分
硯側(けんそく) 硯の側面
硯面(けんめん) 硯のおもて側 硯表
硯陰(けんいん) 硯のうらがわ
落潮(らくちょう) 丘と海の間の傾斜している部分

硯の手入れの仕方

すずりも書道において大切な道具のひとつです。長く使いたいものですので、しっかりとお手入れをしておきましょう。

よく洗うこと

使用後は必ず墨が残らないようその日のうちに水できれいに洗いましょう。残った墨(宿墨)が固まって硯に付着すると墨を磨るとき付着した墨が新しい墨と混ざってしまい墨色を悪くし嫌な匂いがつきます。また筆を傷める原因になり硯の光沢が失われでしまいます。

硯は使用後まめに洗いよく乾燥させ硯箱に収め風通しのよい場所に保管しましょう。長期に渡り使用しない場合は水を入れておいてもよいでしょう。

研石をかける

鋒鋩が磨り減ってきたら硯専用の研石(砥石)で少しずつ水を入れながら墨を磨るように軽く削りましょう。

良い硯の選び方

硯を選ぶポイントは丘の部分で墨をするための細かな凹凸がある鋒鋩です。丘が平らで鋒茫が細かく均一で、すり心地、発墨がよいものを選びましょう。形は縦の長さが18センチ以上の長方形が使いやすく、汚れが落ちやすく手入れがしやすいことも大切です。お気に入りの硯を選び、心を込めて墨を磨りましょう。

尚、少々変わったものに「墨磨り機」というものがあります。墨をたくさん使用する場合は墨磨り機を使用すると便利です。墨磨り機はモーターで墨をする機械でお値段は2万円くらいからあります。

  • <書道について>歴史・書き方・書体など
  • <書道セット〜書道に必要な道具>筆・墨・紙・硯など
  • <キレイな字を書く為に!>書道教室・通信講座・資格や検定・ペン字など