書道と習字を【ショドテビキ】
ペン字,ペン習字

ペン字・ペン習字

ペン字は書道のように芸術的な作品を書くというよりも、バランスの取れた読みやすい字を書くことが主な目的です。
私達が子供の頃から書き続けている文字ですが、自分の字に満足されている方は意外に少ないのではないでしょうか。書類や履歴書など大切な文書を書く場合は、パソコンが普及した現代においても手書きの方が多いようです。お手紙やお礼状などはパソコンの文字よりも手書きの方がより心が伝わります。きれいな字を書けるようになりたいと潜在的に願っている方はたくさんいらっしゃるでしょう。

ペン字・ペン習字とは

ペン字はペンと紙を用意すればいつでもどこでも手軽に練習することができます。お手本に習い正しい書き方を意識して丁寧に練習を繰り返すことで、どなたでも確実に短期間で上達します。ペン字は書道と違い芸術性を求めるより実用性を重視したもので、書道に比べると早く上達することができます。

癖字や悪筆を直したいと思っている方、字を短期間できれいに書けるようになりたい方には断然ペン習字がおすすめです。読みやすい字を書くことは伝える相手へのマナーでもあります。書く事とは生涯のお付き合いとなります。練習を積み重ね自分の字に自信がつくことでたくさん得るものがあるでしょう。

使われるペンの種類と特徴

ペン字には硬筆を使用します。硬筆には鉛筆、万年筆、ボールペン、つけペン、筆ペン、マジックなどがあります。ペン字には一般的につけペンやデスクペン、万年筆で練習するペン字とボールペンを使用するボールペン字があります。

ボールペン字は仕事などで普段よく使用するボールペンで練習しますので実用的です。美しくきれいな線質を出したい方にはペン字がおすすめです。

ペン字のコツ

ペン字も書道と同様にバランスの取れた美しい字を書くためには正しい姿勢で書く事が基本です。

ペンの持ち方

ペンの持ち方が悪いと懸命に練習しても上達しにくいでしょう。持ち方を変えると字は大きく変化します。是非最初に正しい持ち方を身につけ練習に取り組みましょう。

ボールペンは立てぎみ(約70〜80度)にデスクペンやつけペンは少し寝かせる感じ(約50〜60度)で持ちましょう。親指と中指でペンを軽く持ち人差し指を添えます。残りの指は軽く握ります。

練習のコツ

お手本を見てしっかりと字を観察してみましょう。そしてお手本に習って丁寧に繰り返し練習しましょう。実際に書かなくてもお手本を手でなぞるだけでも練習になりますよ。

ペン習字をならうには……

ペン字を習うには独学、教室、通信教育などがあります。自分のライフサイクルに合ったものを選びましょう。

独学

独学の場合は書店などでお手本を購入し練習します。競書雑誌では師範の先生に添削指導を受けることができるものもあります。お手本選びのポイントは自分の好きな字であることです。練習がしやすい実物大のお手本が載っている本が良いでしょう。

通信講座

ペン字には実にたくさんの通信講座があります。ひとりで好きな時間に練習できるペン字は通信講座で習うのに向いているといえるでしょう。いろいろな資料を取り寄せお手本をよく見比べてみましょう。やはり自分が好きな字であることが肝心です。クーリングオフに対応してくれるなど信頼できる講座を選びましょう。

ペン字教室

教室で習うと直接先生の添削を受けられるので正しい書き方が身につきやすいでしょう。ペンの持ち方や書く速度など先生の書き方を直接感じることができます。一緒に習う仲間がいるので楽しく学ぶことができ、モチベーションも上がることでしょう。

  • <書道について>歴史・書き方・書体など
  • <書道セット〜書道に必要な道具>筆・墨・紙・硯など
  • <キレイな字を書く為に!>書道教室・通信講座・資格や検定・ペン字など